人生変拍子

Category : SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
ブログ村写真ブログランキング参加中。クリックして頂けると励みになります。

2012.08.28[火] 津山行った 旅程四日目 盆十一

Tsuyama
津山
Nikon D700 + SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

-

備後落合(14:34) ⇒ 津山(18:40) 2210円 122.8km 累計 20870円 1130.1km

途中新見駅で乗換待ちを挟んだりしながら津山に着きました。
津山には肉食べに来ました。

Tsuyama

-

ホテルに荷物置いて早速メシへ。
ホテルの屋上ではビアガーデンやってるようで、焼肉込みの値段がアナウンスされてたのが印象的。
Lmaga西の旅シリーズで知った焼肉「千恵」へ向かいます。
この店は、後で知ることとなりますが、津山のホルモンの洗浄処理を一手に引き受けているところのようでその関係で良い肉を安価で食べられるそうな。

Tsuyama

TeppanTsuyama beerTsuyama sake

肉はママが焼いてくれます。
熟練の手捌き。
タマネギを入れるのが津山流なんかな?
タレはあまり濃くなく肉の味がしっかり分かって良かった。
嬉しい地ビール地酒も押えてあって、もうとにかく最高でした。
欲を言えばもっと多人数で行ってもっといろいろ頼みたかった。

-

このあと夜の津山をフラフラしてたらなんでか地元の方々が打ち上げやってる現場に遭遇しまして、一緒に飲むことになりました。
しかも面子の肉屋さんがわざわざ「干し肉」を持って来て焼いてくれたり(しかしもはや腹一杯であまり食べれず。。余りは帰り際にアルミで包んで持たせてくれました)、生モノだから今は食べれないらしい「牛ぬた」(生肉と豆腐を和えた津山の郷土料理らしい)とか肉の流通の話とか肉処津山で本職肉屋含めた肉通たちの語る肉話、堪能しました。(千恵が肉の洗浄処理をしている話もここで聞きました)
余談ですが、内一人が自分の今住んでるとこと最寄駅が被る範囲に住んでたそう。
偶然ってあるもんですねえ。
その人曰く、津山からだと大阪は近いらしい。

-

そんなこんなでこの日旅程中一番飲んだ日でしたが、朝は割と普通に起床できた。
名残惜しいようですが最終日。
津山を出てどこへ行こうかな。

Tsuyama
河童ですが津山ではごんごというそうです。(参考

Tsuyama
web拍手 by FC2

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
ブログ村写真ブログランキング参加中。クリックして頂けると励みになります。

2012.08.27[月] 奥出雲おろち号乗った 旅程四日目 盆十

Izumo
奥出雲おろち号
Nikon D700 + SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

-

早い物で旅も四日目。
この日はLmaga西の旅シリーズで読んだ「奥出雲おろち号」に乗ることにします。
一日一往復、行き着く先は僻地、その後の乗り換えも不自由でこの日が一番スケジュール組むのが楽だった。
それくらい選択肢そのものがない。

出雲市(8:40) ⇒ 木次(9:43) 650円 36.8km 累計 17040円 946.5km


一枚目の写真。
撮り鉄のみんなのために写真の場所で一時停止してくれます。
駅員さんがそれをアナウンスしてから「その時がシャッターチャンスかと思われます」と厳かトーンで言うのが面白かった。

-

Izumo
中の雰囲気はこんな感じ。

Izumo
隣りの家族連れはこんな感じ。
ちなみに席は基本四人ボックス席となります。
自分らは二人組なので相席する二人(組)となんか話せたら良いなーと思ってたんですが、相席の二人は隣りの家族連れの親族らしく(つまりで通路を挟んで横並び八席の内六席で一家族だった)ちょっと目論見が外れてしまいました。

-

Izumo
トンネルを通ると天井のイルミネーションが現れる。
(多分ずっと光ってるけど暗所でしか見えない、そういう仕掛け)

Izumo
昼ごはんは駅弁。
他にも御当地弁当目白押しでした。
予約してたら駅のホームに着いた瞬間売り子さんがダーッと駆け付けてくれたり。
今回買った仁多牛弁当は予約なしで買えます。
しかし、ちょっと昼には早い時間(11時前)に売ってるのがどうかなー。
置いとく場所もないのでさっさと食べちゃいましたけど。

-

途中停車駅。
名物列車で家族連れも多いからでしょうが、沿線から手を振ってくれる人がいたり、三脚セットしてガチ撮りしてる人もいたりで沿線見てるのもなかなか面白い。

Izumo
ここからスイッチバック
ぶっちゃけ自分は乗り鉄でも撮り鉄でもないんですが、今回出雲大社と天秤にかけてこちらを選択。
理由はこの機会逃したら次来る機会はないな的レア感だったりする訳ですが、いざ乗ってみると溢れんばかりの旅行感を味わえてなかなか良かった。
18きっぷ旅って鈍行で変わり映えのない列車に乗る時間がものっそい長いので、合間合間で気分転換に面白列車乗るプランも悪くないなと思った。
ちなみに今回乗ろうとして乗れてないSLやまぐちと、実際乗った奥出雲おろち号は青春18きっぷ持ってれば指定席券500円程度の追加出費で乗車できます。

-

Izumo
スイッチバック一回目折り返したところ。
写真での分かり辛さ及び地味感がパないですね。

Izumo
スイッチバック同様急傾斜を克服するべく作られた自動車用の奥出雲おろちループ。
これは超絶カッコ良かった。

-

備後落合に着きました。

木次(10:08) ⇒ 備後落合(12:20) 1620円 60.8km 累計 18660円 1007.3km


ちなみに三段スイッチバック含めたJR木次線の標高は三井野原駅で最大の726m、JR西日本の駅で最も高いそうな。
周りはスキーレンタルの看板が目立つところでした。

Izumo
備後落合駅で折り返す奥出雲おろち号を見送る。
何もないと評判の備後落合駅周辺をちょっと間歩いて、ほんとに何もないのを確認して駅に戻る。
ここからは岡山側と広島側に抜けれますが大体の人は乗換待ちを嫌がって広島側に抜けるんでしょうかね。
自分は岡山側に抜けるので二時間待ち。
しばらくするとホームからは自分と同行者の友人以外には人がいなくなりました。
屋根付きホームのイスで無理くり横になって寝てましたが、合間に天気急変して大雨&カミナリ。
屋根付きホームとは言え山間野外で天気がコロッと変わられるとちょっと恐怖します。
web拍手 by FC2

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
ブログ村写真ブログランキング参加中。クリックして頂けると励みになります。

2012.08.26[日] 萩行った 旅程三日目 盆九

Hagi Daishoin Temple
萩 大照院
Nikon D700 + SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

-

長門市(14:38) ⇒ 萩(15:10) 400円 23.8km 累計 13070円 718.5km

萩はLmaga西の旅シリーズで読んで是非とも行ってみたかったところ。
今回予定が狂って行けるようになって良かった。
一番行きたかった大照院に行ってみると意外と遠く、と言うか街自体駅から結構遠くて、持ち時間一時間半ほどではどうにもならなく大照院だけ見て退散。

Hagi Daishoin Temple

Hagi Daishoin Temple

-

萩駅駅舎。

Hagi

Hagi

Hagi

-

萩を出て次の乗り換え駅益田へ。
この日は最初っからアドリブ続きで、夜ご飯の当ても全然なくってどうしたもんかと思いながらiPhoneいじいじしてたら友人(今回二人旅です)がパラパラやってたLmaga西の旅シリーズに「益田」の文字を発見。
友人の腕をガッシと掴み、「今『益田』あったぞ!」つって調べて訪れたのが居酒屋かすり

Sake list
酒もメシも美味しく、大当たり。
いやーLmagaさんほんと良い仕事しますな。
旅にちゃんと携帯したのも正解でした。

萩(16:52) ⇒ 益田(18:09) 1110円 61.3km 累計 14180円 779.8km

-

益田の町は良かった。
居酒屋一杯でカプセルホテルもあり、立地的には山口本線と山陰本線の合流点と言うことで栄えている模様。
また来たい。
この後乗り換え挟みつつ出雲到着。

益田(19:34) ⇒ 出雲市(22:00) 2210円 129.9km 累計 16390円 909.7km


-

出雲写真なし。
一旦ホテルにチェックインした後はもう一軒居酒屋行って、外人多めの夜の街をナイトクルーズして、夜の街帰りの人達がたむろするラーメン屋入って(これがまた美味しかった!)ホテル戻って就寝。
web拍手 by FC2

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
ブログ村写真ブログランキング参加中。クリックして頂けると励みになります。

2012.08.25[土] 山陰本線乗り込んだ 旅程三日目 盆八

San-in Line
山陰本線
Nikon D700 + SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

-

さて、小倉を出発して下関まで来ましたがどうやら山陽本線が止まっているようです。
この日は山陽本線で新山口へ行き、そこからSLやまぐちで山陰へ抜けて出雲へ行く予定でした。
しばらく待ってみたものの、どうやらSLやまぐちの時間に間に合わないことを悟る。
SL乗れないのに同じルート通るのも面白くないと言うことで、急遽山陰本線で日本海側をぐるっと回って行くルートを模索。
時刻表と付箋とペンを駆使してルート構築。
事前に予定立てる時に慣れといて良かった。
宿には無事辿り着けそうということでまさにホームに乗り入れていた山陰本線に乗り込む。
ギリギリセーフ。

-

山陰本線は駅でなくとも景観が良いポイントで電車が止まりアナウンスしてくれます。
一枚目は最初のポイント。
ドアは開かないので窓越し撮影。

San-in Line
ここは右手側に夫婦岩があるとこ。
角度厳しいので真正面撮影。

San-in Line
上の写真から電車動き始めてちょっとあとの風景。

-

長門に着きました。

小倉(9:11) ⇒ 下関で足止め ⇒ 長門市(12:25) 1490円 89.5km 累計 12670円 694.7km

ちょうどいい時間なのでお昼にします。
観光案内所では「盆なのでどこが開いているか(ry」と言われ飲食店マップだけ貰って歩いて探すことに。

Nagato

Nagato

Nagato

人影まばら。
昼から飲める所を探しながら焼き鳥屋(有名らしいですが。。そうなの?)を訪問したら「昼は定食のみ」なんて言われて、仕方ないのかなーと思いつつもその前に見かけていた鉄板焼き屋があったので移動。
店に入るなり「飲めますかー」と聞くと「なんでもできますよ!」とありがたいお言葉。
ここに決めたぜ。

-

訪れたのは鉄板焼き「さつき」
外観はこざっぱりした感じながらいざ中に入ると意外にも店内は広々。
きれい目カウンター席(しかも長い!)や黒板メニューという個人的なツボをガッチリ押えているのが好印象です。
なんでもできると言われた通り、焼肉、お好み焼き、その他一品料理とあとひたすらビール。
昼から飲める店、ありましたin長門。

-

良い気分になって次の目的地へ。

San-in Line
どこかの駅からの眺め。

-

余談ですが今回かなり長めの列車旅ということで(良く飲むこともあり)トイレの心配を結構してたんですが、JR西日本のローカル線列車には必ず一両トイレ付車両(西側(下関側)の一両)があるそうな。
近いとこならJR神戸線にも付いてました。
意識しないと気付かないもんですね。
web拍手 by FC2

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
ブログ村写真ブログランキング参加中。クリックして頂けると励みになります。

2012.08.24[金] 門司港行った 旅程二日目 盆七

Kokura
小倉
Nikon D700 + SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

-

小倉に後ろ髪引かれつつ門司港へ移動。
せっかくやってるので関門海峡花火大会を見ます。
人出でいうと全国二位の規模となるようです。(一位は江戸川区花火大会らしい)
道理で激混み。。

-

Mojiko
門司港着いた。
駅舎が古くてカッコ良いです。

Mojiko
駅前。

Mojiko
初花火三脚撮り。
広角単焦点だとこうなるよね。。

Mojiko
適当に撮りつつ人が掃けるまで待つ。

Mojiko
終わって一時間以上経っても大混雑。
帰った後は小倉の夜を巡って終了。

小倉 ⇒ 門司港 ⇒ 小倉 往復 540円 22km 累計 11180円 605.2km

-

小倉を発ちます。

Kokura
小倉のいかがわしいスナック群が一掃された跡。

Kokura
小倉にはモノレールがありました。
web拍手 by FC2

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
ブログ村写真ブログランキング参加中。クリックして頂けると励みになります。

Finetune

カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
 日  月  火  水  木  金  土
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ebiq

Author:ebiq

www.flickr.com
ebiq's items Go to ebiq's photostream

ブログ検索

全記事

全タイトルを表示

ブログ村

トリップアドバイザー

おすすめブログとして紹介頂きました。ありがとうございます。

K2 RECORDS

お世話になってます。

Copyright © ebiq

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。